SBL相続プラザサイトを開設しました。

平成27年から相続税の基礎控除が引き下げられ、相続税の課税対象者は平成26年度から比べると、倍増しており予想を超える増加率です。

近畿地方は日本で第二の都市圏であり相続税が課税された人の人数や課税対象の遺産総額および納期税額は全国で第2位となっています。

また昨今は富裕層への税務調査も活発化しており、相続税での申告漏れや過少申告は追徴課税が課されますので

きちんと申告することが重要です。

相続税の申告は相続税に強い税理士へ

相続税の課税対象となる名義預金や土地など素人の思い込みで評価や判断を行うと申告ミスのためのリスクが高まります。

遺産の中でも現金や預金の割合が相対的に高い奈良、大阪、京都などの近畿地方での相続税申告は、相続税申告に強い税理士に相談することをお勧めします。

このたび、税理士事務所SBLでは、より相続について詳しくご紹介したサイトを立ち上げました。

 

SBL相続プラザはこちら

SBL相続プラザ

奈良、大阪、京都をはじめ近畿地方で相続についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

税理士事務所SBL お問い合わせ先

お気軽にお問い合わせください。
0742-32-1112
受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]