確定申告の期間

平成28年分の確定申告が2月16日から始まります。

前年1月1日から12月31日までについて、必要な帳簿や資料の整理を行い、税務署に3月15日までに申告、納税を行なう事になります。

個人事業主の確定申告

個人事業主として事業をしていると、毎年1月くらいに確定申告のお知らせが税務署から届きます。前年1月1日から12月31日までについて、必要な帳簿や資料の整理を行い、税務署に3月15日までに申告、納税を行なう事になります。
個人の確定申告書は、自分で作成する事も可能ですが、税理士に相談することにより、申告書の作成間違いや納税者にとって有利な制度の適用を受け忘れていないかなどがチェックされるので安心です。

納税額の還付を受ける場合、確定申告を行う必要があります

  • 多額の医療費を支出したとき
  • 特定の寄附をしたとき
  • 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンのあるとき
  • 年の途中で退職し、年末調整を受けずに所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき
  • ご不明な点等ありましたらお気軽にご相談ください。