バンクビジネス 9月15日号

◆連載◆基礎から身につく財務の教室 

第5回 棚卸資産の種類と評価方法

棚卸資産とはそもそもどんなもの?

今回は、資産の部に記載される「棚卸資産」について解説します。

会社が販売する目的で一時的に保有している商品・製品・原材料等の総称のことで、 一般的に「在庫」と呼ばれます。
棚卸資産は、正常営業循環基準により、資産の部の「流動資産」に属します。
棚卸資産は、いずれ販売されることにより、売掛金や受取手形等売掛債権を通じて回収され現預金となります。

 

バンクビジネス2016年9/15号